ダイバーシティ・エクイティ & インクルージョンの推進

Santenは、国籍、年齢、信条などにとらわれることなく、多様な人材と価値観を積極的に取り入れ、事業活動、企業価値向上へ生かしていきます。

人材のダイバーシティやワーク ライフ バランスなど雇用に関する情報は雇用・人材データのページに掲載しています。

ダイバーシティ・エクイティ & インクルージョン・ポリシー

当社は、「ダイバーシティ・エクイティ & インクルージョン・ポリシー」を制定し、すべての従業員に平等な機会を提供し、また従業員の尊厳を守り、職場での相互尊重を促進するために、ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョンに取り組んでいます。Santenは、すべての従業員にとって、安全でインクルーシブ、そして敬意を払い、支援的な職場環境を確保しています。

当社は、雇用における機会均等と公正な待遇を提供しています。性別、国籍、民族、人種、肌の色、出身地、障がい、年齢、婚姻状況またはシビルパートナーシップ、妊娠、性的指向、性自認、表現方法、HIVまたはAIDS、親の地位、雇用形態、軍人および退役軍人、勤務形態の柔軟性、宗教または信条(ただしこれらに限定されない)いかなる理由でも、当社の採用または雇用において不法な差別を認めません。

ダイバーシティ・エクイティ & インクルージョンの推進

当社は、ダイバーシティ・エクイティ & インクルージョン・ポリシーに基づき、経営幹部層および世界中のすべての組織において、ジェンダー・国籍・視覚障がい者を中心としたさらなる多様性の向上、多様な個人が能力を最大限に発揮できる組織づくりと人材育成に取り組み、報酬、教育、昇進機会等について、ジェンダー・国籍・視覚障がい等の多様性の如何によらず平等に機会を提供します。
事業のグローバル展開も加速し、2022年3月末の海外従業員比率は54.4%で、2022年5月現在執行幹部は19人中9人が外国籍です。

ジェンダー・ダイバーシティ

2021年5月、Santenは取締役会やマネジメントチーム等、企業の意思決定機関おける健全なジェンダーバランスを実現することを目的とした世界的なキャンペーンである「30% Club」の趣旨に賛同し、「30% Club Japan」に加盟しました。さらに、女性のエンパワーメント原則(Women’s Empowerment Principles)の趣旨に賛同し、同原則に基づき行動するためのステートメントに署名しました。

例えば日本では、2016年4月より施行された「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」に基づき、行動計画を策定し、取り組みを進めてきました。
2022年4月1日から2025年3月31日までを対象にした第3期行動計画では、まずグローバルベースの課題への対応として、執行役員を含む部長級以上の役職及びそれらの役職への人財パイプラインにおいて、性別や国籍の多様性向上を目指しています。また、ライフステージに沿った働き方の多様性への配慮と仕組み作りをさらに促進するため、柔軟な働き方、インクルーシブかつ公平な採用活動とキャリア開発機会を提供することを目指しています。これらを推進していくための目標を設定し、行動計画を策定して取り組んでいます。

【第3期行動計画の目標】

  1. 2021年現在13%である日本における女性管理職比率を、2025年までに25%への改善を目標とする。
  2. 10日以上有給休暇を付与された経営層及び全従業員において、年度中6日以上の有給消化を義務付ける。管理職は従業員及び自身の配下従業員の本目標到達に向けて責任を持ち、年間業務のチームにおける公平な配分・精査・調整配慮する。
  3. 柔軟な働き方推進の為、所定外労働時間の更なる削減を目指し、前年度比・月平均1人当たりの所定外労働時間を5%削減する。
  4. 従業員の変化するライフステージに沿った働き方の多様性を更に促進させる為、年度中に出産報告があった男性従業員の配偶者が出産するときの特別休暇3日の100%取得、及びその後の育児休業取得率を対象者のうち50%以上取得を目標とする。
  5. 多様性に富んだ声を経営に反映していくための「従業員ネットワークグループ」を新たに発足する。

障がいの有無にかかわらず働くことができる職場環境の整備

当社は、障がい者の雇用を促進するとともに、障がいの有無にかかわらず、働くことができる職場環境の整備に努めています。

「The Valuable 500」への加盟

Santenは2021年1月に障がい者の活躍推進に取り組む国際イニシアチブである「The Valuable 500」に加盟しました。本イニチアチブへの加盟に際し、インクルーシブな改革を起こしていくことによって、障がい者が社会、ビジネス、経済における潜在的な価値を発揮できるようなインクルーシブな社会を創ることを目的としています。

働きやすい職場の整備

滋賀プロダクトサプライセンターの敷地内にある特例子会社の株式会社クレールは、「障がい者の雇用拡大という社会的責任を積極的に果たすとともに、生きがいと働きがいを感じる機会と場所を提供する」ことを理念とし1997年に設立されました。主な業務は無菌衣や無塵衣のクリーニングで、当社の滋賀プロダクトサプライセンターと能登工場を中心に、他社のクリーニングも請け負っています。
また、従業員一人ひとりの社会的自立をめざして、自主勉強会の開催や全国障害者技能競技大会であるアビリンピックへの参加の奨励など、さまざまな活動や挑戦を支援しています。

クリーニング作業の様子

2019年1月、クレールは、「障がい者の定着支援のための職場環境提供に向けた先進的な取り組みを実施していること」、「積極的・継続的な障がい者雇用を推進していること」、「障がい者が活躍できる企業としての信頼性・社会性を兼ね備えていること」が評価され、厚生労働省委託事業受託団体である全国重度障害者雇用事業所協会より、「障害者活躍企業」として認証を取得しました。また、2021年9月、障害者の雇用の促進および雇用の安定に関する取り組みの実施状況などが優良と評価され、障害者雇用優良中小事業主(もにす認定)として、厚生労働大臣から認定を取得しました。

「障害者活躍企業」認証マーク
「障害者雇用優良中小事業主」認定マーク(愛称もにす)

当社日本法人における2022年6月の障がい者雇用率は2.82%で、法定雇用率を上回っています。