Santen税務方針

はじめに

Santenは、税務の透明性を高め、適切な納税を通じて企業の社会的責任を果たします。また、税務リスクを最小化し、株主価値の最大化に努めます。これらを実現するため、Santen は以下の税務方針を制定します。

1. 税務ガバナンス

Santenの税務ガバナンスの責任は、チーフ・ファイナンシャル・オフィサー(CFO)が有し、グループ全体に係る重要な税務業務および税務リスクについて統括します。
また、案件の重要性・不確実性の多寡に応じて、外部専門家にアドバイスを求め、各国の税務当局との事前相談等を行うことで、税務リスクの低減に努めます。

2. 税務コンプライアンス

Santenの全ての役員・従業員のための行動規範である「参天企業倫理綱領」において、法令遵守および納税義務について定め、税務を含めたコンプライアンス意識の醸成に取り組みます。

3. 税務プランニング

Santenは、株主価値の最大化のため、関係法令の立法趣旨を踏まえ、これを遵守した形で、事業活動上有効な税務プラニングを行います。
税務プランニングの検討・実行にあたっては、事業活動の目的・実態に合致していることを重視し、タックスヘイブンへの所得移転など、租税回避を意図した税務プランニングは行いません。

4. 移転価格

Santenは、各国の法人の貢献に応じた適正な所得配分を行います。移転価格の決定にあたっては、グループの移転価格ポリシーを定めるとともに、OECD移転価格ガイドラインおよび各国の関係法令を遵守します。

5. 税務当局との関係性

Santenは、各国の税務当局と良好な関係を構築すべく、税務上の諸課題に誠実に取り組み、税務の透明性と信頼性を確保します。

2020年10月制定