人権の尊重

Santenは、事業活動を通じた人権の尊重と配慮に取り組み、安定した事業活動を目指します。

人権方針

Santenは、「人権方針」を制定し、グローバルに人権尊重を推進しています。

人権研修

Santenは、グローバル展開により多様化する従業員一人ひとりが人権を尊重し、高い倫理観をもって行動することが重要だと考え、研修などにより人権尊重意識の啓発を強化しています。日本では、入社時研修やeラーニングによる継続研修において、ハラスメントや差別の事例、従業員の行動のあり方などについて研修を実施しています。また、管理職登用時にはハラスメント行為のケーススタディを通じて管理職の役割や行動のあり方を身につける研修を実施しています。

人権に関する相談・通報窓口

Santenでは、契約社員・派遣社員なども含めた全従業員を対象に、各国あるいは地域拠点にそれぞれの使用言語に応じた相談・通報窓口を設け、ハラスメントや差別に関する相談など、人権に関するさまざまな相談・通報を受け付けています。寄せられた相談や通報については、個人情報やプライバシーに十分配慮した上で、適切に対応しています。

サプライチェーンにおける人権尊重

Santenは、自社のみならず取引先も含めたサプライチェーン全体で社会的責任を果たすことが重要と考え、児童労働・強制労働の禁止など労働者の権利を含め、差別の禁止や人権侵害への非加担など、人権尊重に関する事項についても取引先の状況を確認し、適切に対応しています。

研究開発における人権尊重

Santenは、臨床試験に参加される患者さんの人権が守られるよう、「研究倫理委員会」を設置し、適切に対応しています。

公正な採用選考

Santenは、採用選考過程において、応募者本人の適性や能力とは関係のない国籍・出身地・性別・家族状況・信条などによって採否の決定をしないことを方針として定めています。選考過程では人権を侵害する可能性がある不適切な質問をすることなく、応募者本人の適正と能力に基づく公正な採用選考を実施しています。